3DS(Dental Drug Delivery System):虫歯菌除去

■究極の虫歯予防治療について

唾液検査をすると口腔内の細菌の含有量がわかり、その中でも特にミュータンス菌が多い場合は当然ですが、虫歯が多発するリスクが非常に高いことがわかります。

これまでの虫歯予防の中心はプラーク(歯垢)を落とすために歯を良く磨くことと、糖分のコンとロールでした。
しかしながら、それだけでは限界があることもわかってきたのです。
つまりブラシッシングを一生懸命行っていても虫歯になってしまう事が多々あるということです。

そこで近年いろいろと研究されてきたお陰で、今まで出来なかったプラーク(歯垢)の中のミュータンス菌を減らすことの出来る唯一の予防法(3DS)が開発されました。

3DSという予防法は、ある特定の薬をミュータンス菌だけを取り除くことだけに作用させることにより、口の中の環境を虫歯になりにくいものに変えてしまうという、まったく新しい発想の元での予防法です。

■3DSは次のような方にお勧め(適応症)

・虫歯菌(ミュータンス菌)が多く、治療しても、なかなか完治できない方。
・虫歯のひどい方。
・小児の重度の虫歯から健全永久歯列への感染防止
・ミュータンス菌の多い母親から子供への感染防止
・唾液の分泌量が減少しているための根面虫歯予防
・歯周病の予防をしたい方

■3DSのスケジュールは次の通りです。

1回目
1, 歯科医より3DS処置に関する詳細な説明を受ける。
2, 薬剤を乗せるドラッグクリーナー(マウスピースのようなもの)作製の為の型採り

2回目
1, ドラッグクリーナー試適、着脱の練習
2, PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)
これは歯科衛生士が特殊な器具を使って、バイオフィルムを徹底的に除去することで、口の中を隅々まできれいに清掃します。

針がついていないシリジェット(無針注射器)と痛みの少ない様々なレーザー治療器を両方取り入れて施術すると、むし歯から口内炎までイヤな痛みをまず味わわずに施術が可能なのです。
当然歯科医の数が多いのであればしっかり患者さんを診察してくれそうですが、かえってそういう診療所は流れ作業のように患者の治療を行う病院が実在します。
目下虫歯の悩みを持っている人、ないし予て虫歯を患っていた人、なんと日本人のざっと9割がこうした虫歯を引き起こす菌をすべからく抱えているのだと言われています。
ムシ歯や歯周病などがひどくなってからかかりつけのデンタルクリニックに駆け込む人が大半を占めるようですが、予防の処置をしに歯科に行くのがその実理想の姿でしょう。
ムシ歯を要因とする知覚過敏は、ムシ歯は意外なほど病状が深刻化していると察せられ、歯の痛さも変わりませんが、違う時は過渡的な徴候で落着するでしょう。


歯の外側に付いた歯石や歯垢を除去するのを歯科ではクリーニングと呼びますが、さきほどの歯垢や歯石等は虫歯を引き起こす素因となるのです。
針のない無針注射器(シリジェット)とレーザーの治療器を併用して治療する事で、むし歯も口内炎も嫌な痛みを十中八九感じなくて済む処置が可能だそうです。
歯を白くするホワイトニングをしない場合でも、歯にできている割れ目をそのままにしておくと、象牙質が傷み、外の空気や食物が当たると痛む場合があり得るのです。
たとえ歯のホワイトニングを受けない場合であっても、歯にできているヒビを無視し続けると、象牙質がもろくなり、外気や口に入れた食物が触れると痛みを伴う事が残念ながらあります。
カリソルブというのは割にできて間もない虫歯の治療には採用しますが、ひどく進行した虫歯の処置には適していないので、恐れ入りますがご確認のほどお願いします。


虫歯を予防するには歯みがきばかりでは困難で、要点は虫歯の真因である菌の消去と虫歯が進むのを押さえるの2ポイントなのです。
既存の入れ歯の短所をインプラントを装備した義歯が補完します。ぺったりとフィットし、お手入れの簡単な磁力を活用したバージョンも売られています。
ムシ歯がきっかけの知覚過敏は、ムシ歯がずい分激化していると予測され、歯牙の痛みも継続しますが、そうではない場合は一時性の病状で収束することが予想されます。
歯の保持は、美容歯科分野での施術が終わり満足な術後ではあっても、おろそかにせずにずっと続けていかないと徐々に元に退行してしまいます。
見た目麗しく歯並びを望んでいるならそつなく美容歯科に定評のある歯科を利用するのが良いでしょう。腕の確かな美容歯科では総合的な治療を行なってくれる歯科医院です。

通常の唾液の効用は、口腔内の洗浄と菌の働きを妨げることです。ですが、これだけではないという事です。歯を再び石灰化に導くには唾液を使うので、分泌される量の多さは外せないことです。
口の中の状態と一緒に、身体全部の容態も盛り込んで、担当の歯医者さんと心行くまでご相談の上、インプラント法をスタートするようにしましょう。
口のなかの唾は、すっぱそうな物や、美味しそうな食べ物を目の前に置かれただけで分泌されるのですが、じつは虫歯や歯周病などの病気を防ぐのに有用なのが前述した唾液です。
つぎ歯が褪色してしまう主因としてあげられることは、差し歯の色そのものが色あせてしまう、歯冠継続歯の周囲の歯が褪色してしまったという2つの項目があると考えられています。
自宅を訪問する歯科診療の事例は、施術が一通り済んだ後も口中をケアしに、一定のペースで担当の衛生士が、お伺いすることがたまにあり得ます。

睡眠をとっている時は分泌される唾液の量がかなり少なくなるので、再び歯を石灰化する作用が進まず、phが不安定な口の中の中性のバランスをキープすることができないといわれています。
病気や仕事等が原因で、疲労が溜まって体力が著しく衰えたり、栄養のバランスが偏った食事がずっと続く等で、健全ではない状況に変わった頃に口内炎を発生しやすくなる可能性があります。
永久歯と異なって乳歯は、象牙質やエナメル質の分厚さがおよそ半分くらいしかありません。更に言えるのは歯を再び石灰化する機能も未熟なため、むし歯の細菌に軽々と溶かされてしまうそうです。
恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については残念なことに後進国と呼ばれており、欧米人に比べても、実際は日本人の歯の寿命は縮まっています。初めから歯の病気の予防全般においての思想が違うからだと思います。
どのような職業の労働者にもいえますが、歯科衛生士を始めとして医療関係の現場に従事する人は、非常に勤務中の身だしなみに神経を使わなければならないと言われています。

セラミック技法と呼ばれているものにも、いろいろな種類と材料などが実用化されていますので、担当の歯科医師とよく相談して、自分に向いている内容の処置を吟味するのがよいでしょう。
ここのところ歯周病の要因を消すことや、原因菌に感染した範疇を清潔にすることで、組織が再び再生することがみられる歯科技術が生み出されました。
唾液そのものは、口腔内のお掃除役とも言われるくらい重要な役目を果たしていますが、その唾液の量が少なくなってしまうのですから、口腔内のニオイが気になるのは、仕方がないことだと考えられます。
ビオラ社のエムドゲイン薬を歯周外科治療の時に患部に塗ると、初めて乳歯が生えた時の様子と等しく、強くへばり付く歯周組織の再生促進が実行可能です。
歯に付く歯垢の事を果たしてあなたはどれくらい把握しているでしょうか?テレビ、CMでも毎日のように耳にする言葉なので、今まで聞いたことがない言葉、などと言う事はまずないかと思っています。