虫歯の常識は非常識? 実は虫歯は「感染症」だった!

例え治療したとしても一度虫歯になってしまったら、二度と元に戻らないのが「歯」というもの。
だから、毎日歯磨きしているのに、何故か虫歯になってしまうなんていう経験を持っている人は多いのではないでしょうか。
しかも、何度も治療に行っている自分に比べ、同僚が歯医者に通っているところは見たことない、というのもよくあること。
自分の歯磨きが間違っているのか?甘いものを食べすぎなのかと落ち込むのはまだ早い。

実は、これは人によって口の中にある虫歯菌の数が違うために起こる現象で、虫歯菌が多ければ多いほど、虫歯になるリスクが高くなるというわけ。
口の中に残った食べかすが酸化して虫歯になるといわれていた時代もありましたが、実は口の中に存在する虫歯菌が食物を分解して虫歯の素を作っているんだそう。

ちなみにこの虫歯菌は「ストレプトコッカス・ミュータンス」というもので、この菌が口の中に存在する限り、いくら歯磨きしても虫歯になってしまう可能性があるというわけだ。


「デントカルト」(虫歯菌検査キット)を使えば、簡単に口腔内の虫歯菌の数を計測することができる。だ液を含ませた試験紙が青くなれば青くなるほど、虫歯菌が多く存在するということを示し、検査は歯医者で行うことができるので、ぜひチェックしてもらうことをお勧めします。

ではどうすればこの虫歯菌を退治することができるのか? 

ここで登場するのが、天然甘味料「キシリトール」。今では日本人の誰もが知っているといっても過言ではありません。
虫歯菌が食べかすを分解して虫歯の素を作っているというのは先術の通りだが、虫歯菌がキシリトールを食べた後、分解されてできたものは虫歯の元にはならない。
また、食べかすという栄養が摂れない虫歯菌は次第に弱くなって死んでしまうので、キシリトールを食べていれば虫歯にならないというわけだ。

キシリトールは簡単にガムやタブレットで摂取できるし、毎日食べていればそのうち虫歯菌が口の中から減少して虫歯にならなくなる?

ことはそんなに簡単ではない。

「あまり認識されていないことに、実は虫歯は感染症なんです」

岡山大学の仲井博士はそう警告する。だ液を通じて虫歯菌は感染するので、例えば、虫歯がある人が使った箸やスプーンで食事をしたり、飲み物の回しのみをしたり、はたまたキスするだけで感染してしまうリスクがあるというのだ。

分泌される唾液は口内のお掃除役とも言われる重要ですが、その唾液が減少してしまうのですから、口の中のニオイがひどくなるのは仕方がないことだといえます。
診療機材等のハード面では、今の高齢化社会から望まれる自宅を訪問する歯科診療のニーズに応えることが出来るレベルに届いているという事が言うことができます。
気になる口臭を抑制する効果があるドリンクにコーヒーの名前があげられますが、大好きだからと言って多く飲み過ぎると口のなかがカラカラになってしまい、かえって口の臭いの要因になるそうです。
口中に口内炎の出る動機はビタミン摂取が不十分なことがそれの一部ですが、各種ビタミン剤は気軽に飲めるサプリメントや薬局でも入手することのできる医薬品の飲薬として広く売られています。
どのような仕事内容の社会人に向かっても該当しますが、例えば歯科衛生士のように医療の業界に勤務する人は殊に身嗜みに神経を使わなければいけないとみられています。


始めは、歯みがき粉を使わないで念入りに歯ブラシでのブラッシング方法を熟知してから、仕上げで米粒大ぐらいのハミガキ剤を使用するとよいのではないでしょうか。
昨今では歯周病の要因を消すことや、原因菌にダメージを受けた患部を掃除することによって、再び組織が再生することが期待できる処置が生み出されました。
キシリトールの成分には虫歯を抑制する効能が認められたという研究の結果発表があり、その後からは日本はもちろんのこと世界中の国で非常に盛んに研究が続けられてきました。
永久歯に比べて乳歯は歯のエナメル質や象牙質等の厚さがおよそ半分ほどしかありません。ことさら再び歯を石灰化する力も未発達なので、むし歯の細菌にすぐに溶かされてしまいます。
PMTCは、普通の歯ブラシの歯の掃除では落ち切れない着色汚れや、歯石の他の付着したカス、ヤニなどを驚くほど無くします。


入れ歯という人工的なものに対して描かれる後ろ向きな心象や良くない先入観は、自らの歯との使い心地のギャップを比べるために増幅してしまわれるのだと推測されます。
もしもさし歯の歯根が破損してしまったら(歯根破折という状態)もう使えない状態です。その、大部分の事態では、抜歯の処置をする事になってしまいます。
口腔外科という所は歯槽膿漏やむし歯または入歯等の処置だけでなく、口腔内にできる多彩な問題に適合した診療科目の一つなのです。
歯科医師による訪問診療の場合では、医師の治療が終わってからも口腔内をケアをしにある一定のペースでかかりつけの歯科衛生士がお伺いすることがしばしばあると言われます。
自分の口臭の存在を同居で暮らす家族にすら質問できない人は特に多いと考えられています。そんな時は、口臭対策の外来を探して口臭専門の治療を行う事をおすすめいたします。

歯科衛生士が在宅での医療で要求されているのは、まず始めに口のなかを掃除して清潔にすることです。口腔内が不潔なままだと、雑菌が繁殖している不衛生なカスそのものを飲み下す可能性があります。
仮歯を入れたならば、見た感じも気にならなくて、会話や食事においても困ることがありません。そして仮歯がある事によって、処置中の歯が壊れたり、歯列がずれたりする事がありません。
このごろたくさんの人に認められることになった、例のキシリトールが配合されたガムの性質による虫歯予防策も、このような研究成果から、作られたものと言う事ができます。
どんな働く人に対してもいえますが、例えるならば歯科衛生士のような患者のいる医療関係の機関に所属する人は、ことさら身嗜みに万全の注意を払わなければいけないでしょう。
歯を矯正することによって姿容の自信を持てず、心を痛めている人も陽気さと誇りをよみがえらせることがかないますので、内外面ともに満たされた気持ちを手に入れることができます。

キシリトールは虫歯を止める有用性が確認されたとの研究発表がなされ、それから、日本を始め世界中のいろんな国々で熱心に研究が続けられました。
インプラントを実施する有難い長所は、入れ歯では実現できないデメリットを補足することや、元々持っていた歯と同じような状態にしてしまうことや、インプラント以外の周辺の歯を守ることが想定できます。
甘い菓子等をいっぱい食べたり、歯磨きを手を抜いて行うと、歯周病の原因菌が増殖してしまい、プラークが繁殖し、最終的には歯肉炎が起こってしまうといわれています。
口臭を和らげる効用のある飲料に、知られているのがコーヒーですが、大好きだからと言って多く飲み過ぎると口の中の水分がカラカラに乾いてしまい、むしろ口の臭いの原因になる存在です。
むし歯や歯周病が酷くなってからかかりつけのデンタルクリニックに駆け込むケースが、ほとんどのようですが、予防の処置をしにかかりつけの歯医者に定期的に通うのが実を言うと好ましいのです。

良く知られているように口内にある唾液は、酸っぱそうな物や、おいしそうな物を目にしただけで自然に出てくるものですが、以外なことに虫歯や歯茎の歯周病を食い止めるのに作用するのがこの唾なのです。
噛みあわせのトラブルの中でもことさら前歯が何度も当たってしまう例では、食べる度に強い圧力が、上顎骨の前や鼻骨に特に集まってしまいます。
歯を削って白くする作用をする研磨剤入りのハミガキ粉は、多少思わしくない存在ですが、歯がもう一度石灰化する事を促進するという事は貴重な効用となります。
口の中の様子だけではなく、身体トータルの体調も含めて、安心できる歯科医と納得いくまで打ち合わせをしてから、インプラント法をスタートするようにしてください。
ドライマウスの主だった症状は、口腔内が乾燥する、喉が渇くというのが大多数です。重度の事態では、痛みの症状が出てくることもあるとわかっています。